自宅にある本のコレクションをこれからどうしていこうか悩み始める

大学生になるまで勉強目的以外で本を読むことはあまりありませんでした。でも、大学生になってからようやく読書の楽しさを知り、本を買い、読み漁るようになりました。
大学生の時から始めた1人暮らしの部屋には、本はどんどんと溜まっていきました。図書館で本を借りることもあったのですが、本当にじっくり読みたいと思ったり、何度も繰り返し読みたいと思ったりすることが多く、結局自分で購入して読むことが多かったからです。
でも、買いたい本を全て買えるほどには裕福でなかったため、中古の本屋でいつも買っていました。この習慣は、社会人になっても変わることなく、本を買う時は中古の本屋にまず行きます。
ただ、だんだんと本のコレクションが大きくなると、身軽に生活したいと思う私には大きすぎるような気がしてきました。買った当時は、自分が何度も読みたい、じっくり読みたいと思って買ったのに、手放したくなるというのは考えを考えるように不本意な気がしますが、その当時とは自分自身が変わってきたことも理由かもしれません。
年齢や環境に応じて読む本が変わってくることは自然の摂理のようにも感じます。これから読む本のすPーすを開けるためにも、今までのコレクションをどうするかを考えなくてはいけない状況になってきました。借金解決 相談