クリスマスが終わると正月を迎える準備の慌しさは昔も今も変わりませんが、今と変わってしまった私が幼かった頃の年末の風景をお伝えします。

正月を迎える準備で忙しい中、当時スーパーや小売店は正月の三が日だけではなく、1週間休む店舗もあり、まとめて正月用品の買い出しに出かけていました。
新聞のチラシをよくチェックしてから出かけていましたが、商店街で出会っていた“チンドン屋”から新たな情報も得ていました。
現在ほとんど見かけなくなった請負広告業の3〜5人で構成されていた“チンドン屋”は、人目を引くいでたちで先頭の人がチラシを配りながら商店街を巡っていました。 「チンドン」という太鼓やクラリネットなどの管楽器を演奏しながら“チンドン屋”が商店街を巡っていた光景を見ているだけでも楽しかったです。

また、米屋に注文していた大きく伸ばされた餅は、私と父親が食べやすい適当な大きさに切っていましたが、母親は、おせち料理作りに奮闘していました。

私が幼かった頃、このような年末の風景が繰り返され、新年を迎えていました。
今ではすっかり変わってしまった風景をとても懐かしく思い出しました。キャッシング 即日融資